2019/07/29

クラウド帳票サービス「Fleekform」Ver1.4提供開始
Salesforceでの帳票作成をより効率化

株式会社Fleekdrive(本社:東京都港区海岸、取締役社長:上家富隆、以下(株)Fleekdrive)は、クラウド帳票サービス「Fleekform」Ver1.4を7月27日より提供開始しました。

帳票出力をきっかけに、Salesforceのオブジェクトレコードの項目を自動で変更可能に

帳票出力をきっかけとして、Salesforceのオブジェクトレコードの項目を自動で変更することが可能です。例えば、Salesforceのオブジェクトに「請求書発行済み」項目をチェックボックスで準備しておけば、商談や請求オブジェクトから請求書を発行し、自動でその項目をONにすることができます。請求書発行時に自動で項目を変更してステータスを管理すれば、未発行の商談をSalesforceのレポートを使ってすぐに抽出することができます。

請求書発行のタイミングで自動的にチェックON、レポートで発行の有無が確認可能に

帳票への画像挿入の設定がより簡単に

帳票への画像挿入の際、これまではFleekdriveやWeb上のURLでアクセス可能なリソース、Salesforceのファイルなどが参照可能でしたが、挿入元にリッチテキストが追加され、より手間なく画像を挿入することができるようになりました。
現場業務で写真をアップロードを行い、その写真を挿入した帳票を作成する際にとても便利になり、設定も簡単になります。

帳票定義のバックアップ・リストアが可能に

これまで、Sandboxでの検証後に本番環境に適用する際、フォームやマッピング情報などの設定を再度行う必要がありましたが、設定のバックアップおよびリストアが可能になりました。Salesforceインプリベンダーや帳票設計管理者の負担を軽減します。

「Fleekform」とは

「Fleekform」は、クラウド上で帳票のデザイン、設定、印刷、ファイル出力・保管まで一気通貫で行うことができる、クラウド帳票サービスです。帳票の開発や修正に必要な時間やコストを低減します。

「Fleekform」の詳細:https://www.fleekform.com/

(株)Fleekdrive会社概要

会社名 : 株式会社Fleekdrive
所在地 : 〒108-0022 東京都港区海岸3-9-15 LOOP-X 6F
代表者 : 取締役社長 上家 富隆
設 立 : 2019年5月7日
資本金 : 5,000万円
決算期 : 11月30日
事業内容: クラウドサービスの販売・サポート
ホームページ:https://www.fleekdrive.co.jp/

【サービスに関するお問い合わせ先】

(株)Fleekdrive 営業部 滝沢・本橋
TEL:03-6722-5015 FAX:03-6722-5025
E-mail: sales@fleekdrive.com